HOME>特集>なくなってしまった歯の代わりを取り付ける治療

歯の安定感が強み

インプラント

丸の内でのインプラントは歯が抜けたりほとんどが溶けてしまった場合に利用できる方法で、あごの骨に器具を埋め込みます。そのため入れ歯と比べると安定感という面で勝り、周囲の歯に固定する必要もないので負担が少なく済みます。

全身の健康に繋がる

治療器具

歯の安定感は口内の環境だけでなく、食べ物を良くすり潰すことの関係で消化にも影響してきます。消化は将来的な全身の健康にも繋がるため、丸の内のインプラント治療を行って、高い安定性が求められるというわけです。

見た目にも影響

丸の内のインプラントでは歯に器具を埋め込んだ後、その上から人工の歯を取り付けるのが基本の形です。そしてその人工歯は素材を選択することが可能で、本物の歯に近いセラミックもあり、審美性を求められるのも強みのひとつです。

高い治療が期待できる

丸の内という場所は立地的な条件も良いため、そこで歯科を継続するためには高い技術力が必要になってきます。それはインプラントであっても変わらず、質の高い治療が受けられるため、人気が高くなるという仕組みです。インプラントにはあごの骨の状態で別の処置が必要になることもありますが、全国的に見るとそれが不可能なところはあります。その点も丸の内であればできる可能性が比較的に高くなるでしょう。